先手3六歩成

朝起きると腰痛。なかなかの重傷。季節の変わり目は体調を崩しやすいというが、腰痛にもそれが当てはまるのだろうか。1時間ほどかけてゆっくりストレッチして何とか動ける状態になったので出勤。買い出しのため商店街に行くと、馴染みのとまでは言わないが、何度か行ったことのある老舗のカステラ屋さんが八百屋さんに変わってしまっていた。こうやって気付かぬうちに一つ一つ変わっていき、いつの間にか今の街並みの面影さえすっかりなくなってしまうんだろうなあ。と、感傷的な気分に浸りながら目的の100均へ向かう。そこにはいつもだいたい同じ若い男性の店員さんがいて、言葉では形容できない独特の調子のしゃべりと動きでレジを打つ、一つ間違えば単に調子乗ってるだけと思われかねないような、そんなちょっとした名物店員のような人がいたのだけれど、今日は普段見たことのない年配のオーナー風の男性がレジに立っていた。もしかしてあの名物店員も辞めてしまったのだろうか。正直ちょっと鬱陶しかったけれどいなくなると寂しいものだなあと、再び感傷に浸りながらレジへジップロックの箱一つと箱入りのナイロン袋を持って行った。時は金なり、常時いかに時間を短縮するかということを考えている僕は商品を置くと同時に財布を開いた。100均なので消費税を含めた値段までわかりきっているのである。店員さんがジップロックのバーコードを読み取り、ピッ。ナイロン袋をピッ。予想通り216円と表示された。予想通りの金額ではあったが、予想外に小銭を探すのに戸惑っていると。

「このままでよろしいですか?」

と袋はいらないのか?ということを聞いてくる。こちとら手ぶらでしかも商品2個。ポケットに入るようなサイズならまだしも、これを小脇に抱えて帰りたいと思うのだろうか?なんならこの後他の買い物もあるし。

「あの…袋、お願いします。」

ああ、そうですかといった感じで彼は、おそらく自分の言ったことには何の疑問も抱かずに商品を袋に詰めた。ははん。一見オーナー風だが、実際のところは最近入ったばかりの新人なのだろう。今の今まで会社勤めで100均で買い物もしたこと無いような人なんだろうか。もしかして環境汚染云々でマニュアルに袋の有無を確認するように書かれているのかもしれない。まあそれはそれとして、いい感じの小銭がなかったので僕は1000円札1枚と1円玉1枚、計1001円を出した。すると彼は、

「1100円お預かりいたします。」

と言ってお金を受け取った。普通216円に対してそんな支払い方するやつおらんやん。すぐ気付けよ。と、思ったけど声には出さず黙って見ていると、ワンテンポかツーテンポ遅れて、

「あ、1001円ですね。失礼しました。」

と、口ではそう言いながらも、まるで自分は何も間違っていないかのように、あくまでクールに、指差し確認のような動きをしながら無表情で金額を入力していく。ははん。やはり素人、最初のうちはそれくらいのことはよくあるよ、恥ずかしいことでもないけれど照れ笑いの一つくらいあってもいいんだよ、と心の中で慰めてあげると、突然、ハッ、と彼は何かに気付いたような表情になり、おもむろに袋から先ほどの商品を取り出してもう一度バーコードを読み取り出した。いや、いやいやいやいや。何を間違えたかは知らんけど、そんなことしたらまた値段変わってややこしくなるやん絶対。と思ったら案の定。
ジップロックをピッ、324円。
ほらー、言わんこっちゃない、ストップストップ。しかし僕の心の叫びは彼には届かず、続けてナイロン袋をピッ、432円。
あーあ、めんどくさいことになったで。また一からやり直さなあかんのちゃうん。早よ帰りたいねんけど、俺は。腰も痛いし。と次の一手を注視していると彼は平然とこう言い放った。

「お会計は432円になります。」

「なるかー‼︎」

「一体どこをどう間違ったらそうなるねんっ‼︎‼︎」

と、若干食い気味で、我ながら見事な間で突っ込んだものの、やはりクールに、ワンテンポ遅れて。

「あ、失礼しました。216円になります。」

とかわされ会計を済ましその場を後にした。

この当たり前の街並みも、調子乗りの店員も、無くなるまではその大切さに気付かないものなのだなあ、と感傷に浸りながら帰路にについたのであった。

桃栗三年柿八年

本日9月25日でLouie Louie3周年となります!特別イベントはしないと言いましたが、せっかくなので本日ご来店の方にはドリンク1杯無料で差し上げます!フラッと一杯飲みに顔出すだけでもいいので来てくれたら嬉しいです!また、明日より一週間は店主オーストラリアでライブのため不在となりますが、その間店主見習いのダイジローが店番をするのでお店は営業します。

スケジュール
9/26(水) 休み
9/27(木) 営業17:00~
9/28(金) 営業12:00~
9/29(土) 営業17:00~(ライブあり)
9/30(日) 休み
10/1(月)  営業12:00~
10/2(火) 営業12:00~
10/3(水) 営業12:00~
10/4(木) 営業17:00~(ライブあり)

10月5日より通常営業。今後ともよろしくお願いいたします。

好きなものを好きと言わないとみるみるうちに世界はつまらなくなっていく

早いものでこの9月でLouie Louieオープンから3年となります。

これは何よりお客さんのおかげ。日々足繁く通ってくれる人や、イベントを企画してくれたりライブしてくれたりする人、中々来れないけどどこかで応援してくれてる人たちに支えられてやってられると思っております。

別段周年イベントとかはやりませんが、いつもよりライブを多めに入れました。本当はもうちょっと入れたかった。今からでも希望者があればやりますよー。
Louie Louieでは常時イベント募集しております。

話は変わって、スポティファイを始めて数ヶ月経ちました。最新の音源から昔大好きだった曲や、YouTubeでしか聴けなかった音源や、全然知らなかったアーティストの音源まで、日々発見の連続です。で、そんな音源を集めてお店のBGMがてらせっせとプレイリストを作ってみたのでこの場を借りて公開します。

一応9月、夏の終わりと秋の始まりを意識したりしてDJ気分で並べてみました。昔、友達に聴かせるためにその時点の俺ベストを選曲してカセットテープに録音した時のような気持ちで。人の本棚とレコード棚を見ればだいたいその人がどんな人かわかると僕は思っているので、これでこのお店、及び店主がどんな人かわかってもらえるかなあと思ってみたり。

よく聞かれる立ち退きの件。まだ具体的なことは何も言われていないのですが、そろそろ話が出てくるのかも。まだしばらくはいつも通りに営業しているのでご心配なく。
9/25でちょうど丸三年になりますが、その翌日から一週間オーストラリアにライブしに行きます。お店は休むか、アルバイトを入れるか、ちょっと検討中です。

9/8臨時休業
9/9ライブ
9/12ライブ
9/13店主ライブ@Varit
9/15店主ライブ@iznt
9/16ライブ
9/17 DJイベント
9/18 ライブ
9/22ライブ
9/26〜10/3Deadvikingsオーストラリアツアー

イベントの詳細はこちらを。

以上近況報告宣伝他諸々でした。

空気の読めない人

うちはハンバーガーの看板を掲げているものの、テーブル席は一つしかなくカウンターがメインでお酒も置いてあるので、ぱっと見バーっぽい雰囲気もあるっちゃある。当然昼間から酒を飲みにくるお客さんもいるっちゃいる。

ガラガラ。

時々来る中年男性。ハンバーガーは注文せず麦焼酎のロックばかりひたすら飲む人だ。

「あ、焼酎ちょうだい。」

麦焼酎のロックを出すや否や。

「地元に発達障害で空気の読めないマスターがやってるバーがあって」

と、始まった。

「マスターが男前やから、結構若い女の子くるんやけど、彼発達障害やからな、全然空気読まれへんねん。あれはバーとしてはあかんと思うわ。」

「へぇ。」

「ある時なんかそこで飲んでたら、頼んでもないのに勝手にマスターがタクシー呼んで。無理矢理押し込められて帰らされたんやで。」

「へぇ。」

「しかも家着いたけど現金無くてタクシー代払えへんくて、警察行くかとか言われて、仕方ないからその足でバーに戻ってマスターに金借りて往復分の料金払ったわ。俺がタクシー呼んだわけじゃ無いのに、やで。」

「結構ひどい話ですねー。」

「発達障害やからな、彼、全然空気読まれへんねん。その日彼女とどっか行くって言ってたから、早よ帰って欲しかったんちゃうかな。おかしいと思わへん?普通そんなことする?」

「いや、普通はしないでしょ、そんなこと。でも、酔っ払って歩けない状態やったんと違いますか?」

「ま、確かにかなり酔ってたけど、そのバー家から五分の距離やねんで。わざわざタクシー呼ぶか?そのあと普通に歩いて帰れたんやで。いやー、あれはさすがに腹立ったなー。あ、焼酎ちょうだい。」

「まあ、とんだ無駄金ですねー。」

「他にもなあ、一杯もらってもいいですか?とか言って自分の酒をこっちにつけようとするねん。毎回やで、毎回。おかしいと思わへん?普通そんなことする?ホステスちゃうのに。」

「まぁ僕はやらないですけど、その人スタイルかも知れないし…。嫌やったら断ったらいいんとちゃいますか?」

「いや、あかんねん。頼まれたら断れへん性格やねん。しゃあなしおごってやるねんけど、毎回毎回言われたら腹立ってくるやろ?女の人やったとしてと嫌やのに。男前やのに発達障害やからバーのマスターとしては失格やわ。空気読まれへんねん。若い女の子はいっぱい来てるけどなあ。」

「へえ、じゃあ割と他のお客さんも大変ですね。みんなどういう風に接してるんですか?」

「周りはどうかな?多分男前やから問題ないんちゃうかな、空気読めんでも。若い女の子多いし。」

「周りの人にもお酒おごらせたりするんですか?」

「いや、そんなことないと思うな。俺のことを金ヅルやと思ってるから、俺だけ言ってくるねん。でも、普通男が男に奢ってっていうか?おかしいと思わへん?あ、焼酎ちょうだい。」

「まあ、僕やったら断りますけど。と言うかそんな嫌やったら行かないですけどね。」  

「いや、でもそこ立地が良いねん。近くに松屋があって、帰りに寄れるし、家も近いねん。」

「立地!でも他に行くとこあるでしょ?そんな飲み屋少ないとこなんですか?」

「無いねんなー。立地がいいねんそこ。安いし。それとか、こないだもノンアルコールビールを入れるように頼んで、その次行って注文すると、『昨日いっぱい出てもう無くなったんですよー。』って、嘘つかれるねん。」

「え?なんで嘘ってわかるんですか?」

「そら言い方でわかるわ。あれは絶対嘘ついてる。普通に注文するの忘れたとか、謝ったらいいやん。それやのに。あ、焼酎ちょうだい。」

「何十回も行ってて、散々お金落としてるのにそんな態度取るか?おかしいと思わへん?空気読まれへんねん。全然。彼発達障害やから。一回誰か教えてあげなあかんわ。」

「発達障害発達障害っていうけど、それ本人が自分のこと発達障害って言ってたんですか?」

「いや、言うてへんけど、絶対そうやわ。空気読まれへんねんもん。全然。」

「ある時なんて。頼んでも無いのにタクシー呼ばれて無理矢理押し込められて帰らされたんや。で家に着いても現金無くてタクシー代払えへんからその足でバーに戻ってバーのマスターに金借りて往復分払ったわ。歩いて五分の距離やで!普通タクシー呼ぶか?そのあと結局歩いて帰れたし。さすがにあの時は腹立ったなあ。あ、焼酎ちょうだい。」

「酔っぱらって歩いて帰れないと判断したんじゃないですか?」

「歩いて五分の距離やで。普通タクシー呼ぶか?確かに酔っぱらってたけど、結局その時も歩いて帰れたんやで。それとか『一杯もらっていいですか?』とか言って自分の酒を…」

終着点の見えない話に相槌打つのにも疲れてきたので、思い切って単刀直入に聞いてみた。

「それ、ひょっとしたら嫌われているんとちゃいますか?」

「いや、それは、絶対無い。もうかれこれ何十回も行って、優に十万円以上はそこで落としているのに。普通そんなことせえへんで。空気読まれへんねん。彼、発達障害やから。あ、焼酎ちょうだい。」

と、自信満々で言い切ってさらにその話を続けた。次第に彼の言葉から明瞭さが失われていき、ついに僕の相槌も生気がなくなった頃、彼は天を仰ぐようにカウンター席のど真ん中の椅子にもたれかかったまま眠りについた。

「タクシー、呼ぼうかな…。」

新作バーガー解禁。積み重なる余談、その先にあるもの。

なんとか解禁!とか多いよね、最近。発表とか開始とかでいいんじゃない?とか思うけど。解禁の方がありがたみがあるからかなぁ。あ、これは余談。

初めてタイに旅行したのは15年以上前。まだカオサンロードにマクドナルドなんかなくてパッポン通りも栄えていた頃の話だ。友達と四人でバンコクとラン島という島で3、4日遊んでそこからは各々一人旅。当時はFacebookもなくホットメールでやりとりしながら、一カ月後にバンコクで合流してお互いの旅を語り合うという旅行をしたのだけれど、まあ、それはまた別のお話(©︎森本レオ)。

それから計4回渡泰して、日本のタイ料理屋でも3年くらい働いたりして、気が付けばタイ語も少しは話せるようになった。そんな私のフェイバリットタイフードは何と言ってもカオソーイ。と言うのも実はどうでもいい話で、虎視眈々と常に隙あらばそのカオソーイのポジションを狙っているのが何を隠そうパッポンカリーなのである。残念なことに前述のパッポン通りとは全く縁もゆかりもがなく、炒めた野菜や海鮮なんかを卵で閉じて、ココナッツミルク風味のカレー味に仕上げるというこの料理。中でもソフトシェルクラブという、殻ごと丸まま食べられる蟹を使ったプーニムパッポンカリーというのが絶品なのである。

ある時、ほんのふとした瞬間にこのプーニムパッポンカリーとハンバーガーが頭のどこかでくっ付いた。

早速知り合いのタイ料理屋に駆け込み、ソフトシェルクラブとその調理法を授かって試作品を作ってみた。

見た目のインパクトはまずまず。中身よりもまず見た目を重視する昨今の消費者層にも十分アピールできるはずだ。肝心の味の方も意外と、というか、想像以上に美味かったので本日より販売解禁します。

春の新作バーガー
ソフトシェルクラブバーガー
単品¥980
ポテトとドリンクのセット¥1360

脱皮した直後の蟹なので殻ごと食べれます。ソースはタルタルソースにシラチャーソースというタイのホットソースを少しブレンド。強いて言うなら白身魚のような味。(もっと言うなら○ィレオ○ィッシュみたいな…余談)。

店主のひとりごと

かれこれ5年も前のことになる。店主のやってるThe Deadvikingsというバンドが、ヨーロッパ4カ国、23都市を周るライブツアーをすることになった。

フランス、ドイツ、イタリア、ベルギーを金髪モヒカンのパンクスをドライバーに従えて、機材一式車に積んで街から街へと移動。

ツアーの日々はだいたいいっつも同じで、寄り道なんかしながら夕方頃にベニューに到着。だいたいちょっと広めのパブやバーで演奏することになっており、到着するなりビールで乾杯(もちろんタダで!ミュージシャンだから!)。一服したら機材を積み込みサウンドチェック。それが終わると賄いが出てくるのでそれを食べながらまた乾杯。日本と違ってライブスタートが9時とか10時。することないからやっぱり乾杯..。ライブが終わったらそのままお客さんも含めて乾杯….。で、深夜、だいたいパブのオーナーや、ライブを仕切っている人の家に泊めてもらう。翌朝目覚めるとまた車に乗り込んで、寄り道なんかしながら夕方頃に…。てな毎日がおよそ一ヶ月続いた。

ヨーロッパのバーなんかだと、入場料も本当にビール一杯くらいの値段で、日本のライブハウスほど敷居が高くなくて気軽にふらっと立ち寄れる感覚も手伝ってか、全く無名のローカルバンドであるはずの我々がどこへ行っても数十人くらいはお客さんがいて(いや、正直5人てこともあり、逆に多い時は数百人てことも、まあ、とにかく)、客層も老若男女幅広く、それこそ革ジャンを着たおばあちゃんもいたし、親子連れだっていたし、頭ツンツンのパンクスも勿論いたし。
肝心のライブはと言うと、国民性というのもあるのかもしれないけど、お客さん自身がそもそもライブを楽しむ気満々でやってきているので、いつも大盛り上がり。
バンドは演奏できてタダでビール飲んでギャラまでもらえて、お客さんは自由に楽しんで、お店はきっちり儲かって、みんなハッピー、という非常にシンプルな構図がそこでは成立していた。勿論、長い時間をかけて育まれてきた文化がそこにはあったからこそなのだろうけど。
大げさに言うなら、ロックンロールが生活の一部になっているというか、文化として根付いているというか。ある特定の人のためものではなくて、もっと気軽に、多分カラオケ行くくらいの感覚でライブに行くような空気。
ローカルシーンや地域に根ざしたカルチャーがあって、フラットな気持ちで、ふらっとライブを見に来れる感覚。

こんな場所が日本もあったらなあ…。

あるやん!

当時、神戸元町高架下にある商店街、通称モトコーの三番街にBee’s Knees Barというバーがあって、日本語もろくに話せない(いや、実際はケッコー話せると言う説を支持する人もちらほら)カナダ人のクリスが一人でやっていたそのバーの2階では、夜な夜な地元のガレージバンドや、時には海外からのツアーバンドまでが演奏していて、その狭い箱には音楽を愛する人々が溢れていた。もちろん我々のバンドもそこでライブさせてもらっていたけれど、ヨーロッパのベニューを見てようやく、本当の意味でクリスがやろうとしていることが理解できた。と思う。

オーバースペックなライブハウスに高いレンタル代やノルマを払ってライブをしなくても、もっとラフな感じで音楽を楽しめる場所が必要だ。お客さんも安い値段で楽しめるし、ミュージシャンとコミュニケーション取れるし。バンドも赤字を出さずにライブできるし、PAに頼らずに自分の出音に責任を持って演奏しなければならないから演奏も上手くなると思う。実際、海外のツアーバンドなんか見ると、PAシステムを通さない生音で演奏してもちゃんとしたバランスで鳴っていることが多い。
もちろんいつだってライブハウスの存在意義はあるし、そこはケースバイケースで、選択肢が増えればいいだけの話。

えーと、その後クリスはカナダに帰ることになって、結局Bee’s Knees Barもなくなってしまうのだけれど、ひょんなことから同じ場所にハンバーガー屋ができて、そこの二階ではやはり夜な夜なライブが繰り広げられているという。

クリスはだいたい夕方6時にやってきて12時、早い時には10時過ぎくらいに帰るというスタイルで、そのくせ全然儲からないと嘆いていたのを知っていた店主は昼間から開けてハンバーガーをせっせと焼きながらやりくりしているそうです。

花見パーティと4月のイベント

今日は宇治川公園で花見パーティ
夜はお店でライブ!

4/8(日)
Open 19:00 Start 2000
Charge ¥1500(1ドリンク付き)

The Stingrays
がらくたロボット
浦野浩一朗
ゆきち

四月のライブ予定

4/10(火)
ローションマニアックス 他

4/14(日)
潮騒シーサイド
モトコー7店舗での合同イベント
詳細未定

4/20(金)
藤本友己 他

4/22(日)
電気バーガー#3
Charge 1500Yen+1Order

Soft Harmonix Junky
アイアンテールス
Kadode Takumi
Overload Collapse

4/23(月)
TBA