新作バーガー解禁。積み重なる余談、その先にあるもの。

なんとか解禁!とか多いよね、最近。発表とか開始とかでいいんじゃない?とか思うけど。解禁の方がありがたみがあるからかなぁ。あ、これは余談。

初めてタイに旅行したのは15年以上前。まだカオサンロードにマクドナルドなんかなくてパッポン通りも栄えていた頃の話だ。友達と四人でバンコクとラン島という島で3、4日遊んでそこからは各々一人旅。当時はFacebookもなくホットメールでやりとりしながら、一カ月後にバンコクで合流してお互いの旅を語り合うという旅行をしたのだけれど、まあ、それはまた別のお話(©︎森本レオ)。

それから計4回渡泰して、日本のタイ料理屋でも3年くらい働いたりして、気が付けばタイ語も少しは話せるようになった。そんな私のフェイバリットタイフードは何と言ってもカオソーイ。と言うのも実はどうでもいい話で、虎視眈々と常に隙あらばそのカオソーイのポジションを狙っているのが何を隠そうパッポンカリーなのである。残念なことに前述のパッポン通りとは全く縁もゆかりもがなく、炒めた野菜や海鮮なんかを卵で閉じて、ココナッツミルク風味のカレー味に仕上げるというこの料理。中でもソフトシェルクラブという、殻ごと丸まま食べられる蟹を使ったプーニムパッポンカリーというのが絶品なのである。

ある時、ほんのふとした瞬間にこのプーニムパッポンカリーとハンバーガーが頭のどこかでくっ付いた。

早速知り合いのタイ料理屋に駆け込み、ソフトシェルクラブとその調理法を授かって試作品を作ってみた。

見た目のインパクトはまずまず。中身よりもまず見た目を重視する昨今の消費者層にも十分アピールできるはずだ。肝心の味の方も意外と、というか、想像以上に美味かったので本日より販売解禁します。

春の新作バーガー
ソフトシェルクラブバーガー
単品¥980
ポテトとドリンクのセット¥1360

脱皮した直後の蟹なので殻ごと食べれます。ソースはタルタルソースにシラチャーソースというタイのホットソースを少しブレンド。強いて言うなら白身魚のような味。(もっと言うなら○ィレオ○ィッシュみたいな…余談)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です